東南向きの賃貸住宅の不動産がお勧め

賃貸住宅をさがすとき方角を気にされないかたは珍しいでしょう。条件として最重要ではないかもしれませんがやはり「南向き」「東南向き」に気持ちが傾きます。「南向き」は窓からさしこむ日差しが強すぎて壁やカーテン、フローリングや畳そして家具などが日焼けしてしまいそうです。ですからマストは朝日が差し込み日中つねに陽がふりそそぐイメージの「東南向き」かもしれません。

みなさんは住宅を選ぶときに何を重視していますか。私は日当たりを一番重視しています。やはり毎日生活する場所ですから、日当たりはとても大事だと思います。一石二鳥という言葉があります。この言葉は、一つの石で二羽の鳥を落とすことが出来てお得という趣旨の言葉です。家探しでも、おなじような物件に出会うことがあります。それは、東南向きの住宅です。では、なぜ東南向きのお家は、一石二鳥の不動産と言うことが出来るのでしょうか。それは、東向きのお家のメリットと、南向きのお家のメリットを兼ね備えているからです。東向きのお部屋が好まれる理由は何でしょうか。それは、朝太陽が昇ってから午前中の間、太陽の光が家の中に入りやすいからです。太陽が、家の中に入ってくれると、朝が来たという実感があります。晴れている日であれば、気持ちのよい太陽の光を室内でも浴びることが出来ます。人は、太陽の光を浴びることで、体内のスイッチが入りますので東向きのお部屋は健康的な生活につながります。東南向きのお家は、東向きであると同時に南向きでもあります。南向きのお家が、評価が高いことは誰でも知っています。

そうなんです。日当たりって「南向き」より「東南向き」が最高とかよく言われますよね。賃貸住宅をさがす時に何を条件にもってくるかは人それぞれ違うと思いますが日当たりも大事な要素のひとつです。自分の話になって恐縮なのですが我が家は敷地も狭く部屋の数も少ない昔ながらの古い木造建築です。しかしながらなぜ引っ越さないかと申しますと最寄の駅から徒歩5分の利便性に加え日当たりが東南向きなのです。朝はカーテンから差し込むやわらかな光で自然に気持ちよく起床できます。お洗濯物は外に干さなくても部屋干しで充分早く乾きます。ずいぶん前に『陽当たり良好』というコミックスがありました。“ひだまり荘”という賃貸住宅に暮らす若者たちを描いた名作です。まだ読んでいないかたはぜひブックオフなどで読んでみてください。

様々な賃貸住宅の特徴を知る不動産サイト

最近では賃貸物件も様変わりしてきて、一昔前では考えられないような居住空間が多く出てきています。近頃人気の高いシェアハウスも10年ほど前は本当にマイナーな場所に数えるほどだったのではないでしょうか。また、ひとつの趣味に特化した専用の賃貸物件も人気が高いようで、猫好き専用やワインセラーがあるワイン好き専用など多種多様です。結婚や子供の誕生、親との同居など人生の節目に住宅の購入を検討する人は多いです。マイホームと言っても様々な住居形態があります。一戸建かマンションか、また駅に近い物件か駅から離れた物件なのか、希望する条件も様々です。それぞれに特徴がありますので、より自分達の望むライフスタイルに近い住居形態を選択する事が大切です。まずは一戸建てです。生活音を気にする事なく暮らす事ができるので、お子さんをのびのびと育てたい方に人気あります。庭で家庭菜園やバーベーキューを楽しむ人も多いです。一戸建てには建売物件と注文住宅があります。建売とは土地と建物をセットで販売する新築分譲物件の事です。一度に数軒の物件が建築され販売される事が多く、近隣の方と近所付き合いを同時にスタートさせる事ができるメリットがあります。注文住宅は土地を購入し希望のハウスメーカーや建築家に建築を依頼します。設計段階から施主が意見を述べる事ができるので、自由度が高いと言うメリットがあります。都心部では土地の購入に時間がかかる事もあります。しかし信頼できる不動産業者を探し、希望価格・エリアを伝える事で効率良く土地探しをする事が可能です。

83

Copyright ©All rights reserved.東南向きの賃貸住宅の不動産がお勧め.